社会福祉法人護汝会 慈恩保育園 沿革

昭和14年 4月 宗教法人浄土真宗本願寺派善教寺本堂及び境内地を利用し、同寺住職故土山慈之により白道保育園開設。
昭和28年 9月 児童福祉法第35条第3項の規定に基づく保育所として認可を受く。以後法人設立まで認可個人経営保育所として地域に貢献。
昭和47年 8月 法人設立と同時に設置経営主体の変更。
昭和53年12月 白道保育園設立40周年を契機に、慈恩保育園設立を計画。
昭和54年10月 54年度国庫補助対象の決定を受け事業着手。
昭和55年 4月 慈恩保育園設置認可。(定員・3才未満児30人、3才以上児60人)
昭和57年 4月 慈恩保育園定員変更120人(3才未満児30人、3才以上児90人)
昭和57年 5月 親鸞聖人童形像 市川やを氏より寄贈。
昭和57年 6月 プール新設。
昭和58年 5月 二階保育室増築。
平成 3年 7月 園庭北東角 通用門及び階段設置。
平成 5年 4月 駐車場(437u)として園庭北側を借地
平成10年 6月 国庫補助及び町補助により大規模修繕完了。
平成11年 3月 2階ベランダ及びプールに屋根設置。
平成11年11月 20周年記念事業としてグランド拡張を計画。
平成12年 9月 グランド拡張工事完了。
園庭 1,764u、駐車場 315u、石積他 338u
土屋 武 氏より借地(1,811u)
建設省河川占用許可 ( 608u)


[ 状況へ概要へ │ 沿革へ ]